2010年03月12日

遣唐使船、朱鮮やかに…復元ほぼ完成(読売新聞)

 平城遷都1300年祭で主要展示となる遣唐使船の復元が、メーン会場の平城宮跡(奈良市)近くで、ほぼ終わった。

 朱も鮮やかな船体は全長30メートル、最大幅9・6メートル。帆柱を含む高さも15メートルあり、陸でも威厳を保つ。命をかけて海を渡った先人との記憶をつなぐ船は、同会場開幕の4月24日から、乗り込んで見学できる。

 奈良県などでつくる協会が約2億円で復元。船体の組み立ては完了し、あとは細部の仕上げを残すだけ。併設の展示施設「平城京歴史館」では、アニメで航海の様子や遣唐使が伝えた文化、学問を紹介する。

 一方、角川文化振興財団主催、読売新聞社など後援で、瀬戸内海を航海し、上海万博にも参加する「遣唐使船再現プロジェクト」でも帆船造りが進んでいる。

<雑記帳>大分大5年生 人気のタマ(毎日新聞)
温暖化対策法、排出量取引と原発残し合意(産経新聞)
臓器提供施設に小児医療施設追加を―厚労省研究班が報告(医療介護CBニュース)
操縦室デジカメ撮影 スカイマーク、立ち入り検査(産経新聞)
クロマグロ禁輸拒否を強調=農水副大臣(時事通信)
posted by コムラ ケンイチロウ at 21:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。