2010年03月02日

津波警報「もう1ランク設けたい」 中井防災担当相が検討表明(産経新聞)

 防災担当相を兼務する中井洽(ひろし)国家公安委員長・拉致問題担当相は2日午前の閣議後の記者会見で、気象庁が出す津波警報について「大津波警報と津波警報の間にもう1ランク設けることができないかとか、新たな対策を考えていきたい」と述べ、あり方を見直す考えを明らかにした。

 中井氏はチリ大地震を受けて津波警報の問題点が指摘されていることに関連し、「もう少し大津波警報から津波警報へのレベルダウンが素早くできなかったのかという問題がある。警報を出しても意味がない(と国民が受け取る)となると次回の警報が信用されなくなる」と指摘した。

【関連記事】
青森・むつ市が津波の避難指示出し忘れ
前原国交相、気象庁に「謝罪には当たらない」 津波の過大予測問題で
津波警報 避難勧告知りながら出港 南海フェリー
「見る間に潮位上昇」 チリ巨大地震 
すべての津波注意報解除「予測過大だった」気象庁謝罪 チリ大地震
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

複数分野束ねる「基礎番号」検討=社会保障と税の共通制度で−第2回検討会(時事通信)
<革手錠死傷事件>2審も刑務官4人有罪 名古屋高裁判決(毎日新聞)
「首相を信じる」=普天間県内移設に反対強調−福島消費者相(時事通信)
九州の駅弁ランキング発表=福岡〔地域〕(時事通信)
中日投手・ネルソン容疑者送検、釈放で捜査継続(読売新聞)
posted by コムラ ケンイチロウ at 17:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。